【FF14】多ボタンマウスの選び方!G600とNaga Trinityを比較

FF14 G600 Naga 他ボタンマウス

FF14と相性の良い多ボタンマウス。LogicoolのG600とRazer Naga Trinityどちらにしようか悩んでる方も多いのではないのでしょうか?両方買って試したレビュー記事です。どちらにしようか迷ってる方は参考にしてみて下さい。



G600とNaga Trinityのサイドボタンを比較

一番気になる所としてはサイドボタンの押しやすさではないでしょうか?順番に解説して行きます。

Logicool G600

G600

サイドボタンが平面ではなく谷山谷という形になっており、サイドボタンを親指の腹で押す感じになるので押し間違えにくいです。親指を立てて指先で押そうとすると辛いので、マウスを被せ持ちで持つ人に向いています。サイドボタンはあまりクリック感が鈍くカチカチしない。右側にあるGシフトボタンは使いこなせれば便利ですが、自分は誤クリックが多かったので割り当てしませんでした。(これも被せ持ちだったら押しやすいのかも)

Razer Naga Trinity

Naga Trinity

サイドボタンが少し湾曲している形になっており、サイドボタンは親指を立てて指先で押す方が押しやすいタイプ。親指の腹で押そうとすると10~12ボタンが押しづらく、マウスを掴み持ちで持つ人やつまみ持ちする人に向いています。サイドボタンは押すとカチカチ感とクリック感があり軽いです。

G600とNaga Trinityの大きさ・重さを比較

サイドボタンの次に気になる所としては、自分の手のサイズに合うか気になるのではないでしょうか?

FF14 G600 Naga

ほぼ変わりませんがG600のが少し重いですね。ただ、G600は右側にGシフトキーがあるのでマウスを掴んだ感じ大きく感じます。個人的には手が大きい人はG600を、手が小さい方はNagaをオススメしたいです。

LogicoolとRazerのサポート比較

今現在はマウスはLogicool、キーボードはRazerを使っていますが、少し前にマウスやら左手デバイスやらを買い漁ってた時期があり、どちらも保証期間内にサポートを受けたことがありますのでサポートの違いを解説していきます。

Logicoolのサポート

Logicoolは2年保証で、初期不良や購入してから2年以内に壊れてしまったり不調になった場合に新品を送ってくれます。(廃盤になってるマウスを使ってる場合は後続機を送って貰えます)チャタリングを起こした、クリックの反応が悪い等の不調でも新品を送ってくれる神対応。不具合が出たマウスはLogicoolに送り返さなくても良いので面倒も無し。

保証を受けるには買った時のレシート(Amazon等の購入履歴のスクショでも可)と本人確認、壊れたマウスのコードや裏面に書いてあるPIN番号が必要です。

電話対応もかなり親切で対応も早く、初めて利用する場合でも安心して利用する事が出来ました。

Razerのサポート

Razerはマウスの場合2年保証で、初期不良や購入してから2年以内に壊れたり不調になった場合、本当に初期不良か不調か壊れているか検証するため、一度マウスを送る必要があります。そこから保証が受けれるかどうか?という形なのと、送ってから1~2週間かかるので代わりのマウスがないと辛いですね。

保証を受けるには買った時のレシート(Amazon等の購入履歴のスクショでも可)と本人確認、壊れたマウスのコードや裏面に書いてあるPIN番号が必要です。

まとめ

自分はつまみ持ちなのでNagaの方が使いやすかったです。普段のマウスの持ち方で、どちらのサイドボタンの方が押しやすいか決まると思いますので、まずそこを踏まえつつ選んでみてもいいかもしれませんね!多ボタンマウスは普通のマウスに比べて、持った時に少し違うと思うので出来れば店頭で一度持ってみることをオススメします。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です