【FF14】DPSを上げる為の練習法

FF14 DPSを上げる為の練習法

DPSを出せるようになりたいけど何をすればいいかわからない今よりDPSを伸ばしたい。

という方に向けて、少しでも参考になればと自分が上達したDPSを伸ばす方法を書いて行こうと思います!

ここで記述する上達法はFF14の戦闘コンテンツの事についてです。また、中級者向けの記事となります。



FFLogsで自分の実力を把握する

上達するにはまず、自分の実力を把握する事から始まります。

自分のDPSが周りと比べてどれ位の立ち位置なのかFFLogsというサイトで確認する事が出来ます。

FFLogsとは

ACTのログをアップロードすると、スキル回しや攻撃のキャスト数、いつ被弾して何の軽減が入っていてダメージを受けたかなど戦闘の詳細が見れます。

また、全世界・データセンター・サーバー毎にジョブやパーティー単位でランキングがあり、トップ層のスキル回しや戦闘の詳細がわかるとても便利なサイトです。

 

よく、まとめサイトやゲーム内で「灰色」や「オレンジ」「Perf」など、目にしませんか?

この色とPerfの数字は、FFLogsで1つのコンテンツ内の同じジョブでのランク付けで、DPS1位を100として、相対的に数字と色でランク付けされます。

Logs 色 Perf

レイドに行ってる方なら、自分でアップロードしていなくても、ログが上がってる可能性が高いので、自分の名前を入れて検索してみましょう。

これを機にFFLogsに登録しておくと良いでしょう。

FFLogs 登録

【FF14】FFLogsに登録しよう!アカウントの作成手順

2019年9月25日
FFLogsUploader 導入

【FF14】FFLogsアップローダーの導入方法と使い方!

2019年9月25日

 

スキル回しを見直す

まずは1にも2にもスキル回しが重要です。

DPSが出ない人は、昔の記事を参考にしていたり、自己流でスキル回しをしてたりする方も少なくないと思います。

パッチでジョブ調整が入り、スキル回しが大幅に変わるジョブもありますので、

ジョブ名 スキル回し5.08(最新パッチ)みたいな感じで検索すると、最新のスキル回しが色々出てきますので、いくつか見てみましょう。

アビリティの挟む順番などは個人差が有りますが、大体テンプレ回しに沿って考えられていると思うので、自分が今してるスキル回しがテンプレから大幅に外れていないか今一度見つめ直してみて下さい。

テンプレはわかっているが、もっと伸ばしたいという方はFFLogsを活用して、上位10名くらいの回しを参考にすると良いかもしれません。

 

木人で練習する

コンテンツでスキルを回せるようになるためには、スキル回しを手に馴染ませておく必要があります。

この木人で練習するスキル回しがコンテンツでのスキル回しの土台になりますので、木人では完璧と言えるくらいスキルを回せるように、まずは動かない相手でひたすら練習しましょう。手元を見ることなくスキルが回せるようになればギミックを処理しながらスキルを回せるため、攻撃の手が止まらずに済みDPSが伸びます。

最初は上手く出来ないかもしれませんが、まずは一番忙しい開幕スキル回しの練習をして、出来る様になったら通して練習する、という形でやってみると良いでしょう。

また、見る所が多すぎて忙しいという方は、バフやデバフ、ジョブゲージを見やすいようにHUDを編集して見やすいように設定しましょう。

FF14 HUD 配置

【FF14】HUDレイアウトを見やすくする事が上達の近道!

2019年4月8日
注意
凄く上手な人でも通って来た道なので、DPSを出したいなら絶対絶対絶対に完璧にスキル回し出来るようになるまで、木人で練習しましょう。

この過程を省いて上達はありません。

 

自分が出来てない所を探して改善策を考える

コンテンツに行った時に、自分のプレイ動画を録画して見返しましょう。

FF14 動画撮影 反省

【FF14】動画撮影と反省が上達の近道!

2019年3月25日

何が出来ていないのか?変な動きをしていないか?を自分のプレイ動画で確認し、反省点を見つけたら改善策考えて次の練習に備えます。

DPSが極端に低い人は攻撃回数が少ない傾向があり、自分の動画を見返して攻撃の手が止まっている所を見つけてみましょう。

 

自分が動画を見返して、経験した事がある原因例をいくつか上げてみます。

 

 

  • スキル回しを間違えている

単純に間違えて回してしまう場合と、そもそものスキル回し自体を間違えている場合があります。

単純に間違えた場合ならすぐ修正出来ますが、そもそものスキル回し自体が間違っているなら情報サイトやFFLogsで上位勢の回しを参考に自分のスキル回しを見直して木人を殴りましょう。

 

  • アビリティや自己バフを腐らせている(回数が少ない)

リキャスト1分のアビリティがあったとして、10分の戦闘だったら10回使えます。

それよりも少ない回数しか打ててない場合、DPSが下がりますのでしっかり使っていきましょう。

 

  • GCDが止まっている

先行入力が出来ておらずGCDが止まってしまっているとロスが出てしまい、DPSが落ちる原因です。

先行入力が出来ている状態(左)と、出来ずにちょくちょく止まっている状態(右)

GCDが常に回っているGCDが止まっている

 

  • WSやアビリティにマクロを使っている

wsやアビリティにマクロを組んでいると先行入力が出来なくなり、ロスが出てしまいDPSが落ちる原因ですのでマクロは組まないほうがいいです。

例外として味方をターゲットして使うアビリティなどはマクロを組む事があります。

 

  • ギミック処理中に攻撃の手が止まっているorガバガバになっている

ギミックに集中しすぎて手が止まり、GCDが回っていないと大幅なロスになります。ギミック中でも攻撃出来る時はしっかり攻撃しましょう。

また、ギミック処理中にスキル回しが汚くなっているなど。

 

  • DoTを切らしてる、または早く更新しすぎている

DoTを更新し忘れたり早く更新しすぎている場合、DPSが落ちる原因となります。

 

  • 戦闘開始の1発目が遅い

戦闘開始直前に準備が出来ていないか、単純に出遅れてる可能性があります。

カウントダウンの0秒にはタンクの攻撃が入る形なので、それに合わせてカウントダウン0で攻撃が入るようにしましょう。

 

  • AoEの避け方がおかしい

AoE表示から着弾までの時間を把握していなく、攻撃する余裕があるのにすぐ避けている場合はAoEが着弾するまでの時間をしっかり覚えておきましょう。

避ける方向によって攻撃し続けられるのに、避ける事に集中してしまい攻撃が届かない方に避けてしまっている場合、攻撃が届く方に避けましょう。

 

  • 詠唱キャンセル

無駄に詠唱キャンセルしてしまったり、AoEが着弾するまでの時間を把握していなくAoEが見えたらすぐキャンセルして移動している場合、AoEが着弾するまでの時間をしっかり覚えておきましょう。

 

  • オーバーヒールが多くて攻撃に手数を回せてない

必要以上に回復してしまい攻撃の手数が減っている場合は、本当に必要なヒールだったか確認して不要なヒールを削って行きましょう。

 

  • スプリントを上手く使えていない

攻撃にも防御にも使える神アビリティです。

AOEを避ける際や、離れた所から近づく時など、出来るだけロスを減らすためにスプリントを使っていないのであれば使っていきましょう。

 

  • ターゲットやターゲット切り替えが遅

敵をターゲットするのにもたついていたり、複数敵が居る時に切り替えるのが遅くGCDが止まってしまっている場合、キーバインド設定でターゲットの所を見直してみましょう。

自分は「一番近くの敵をターゲット」を押しやすい所に設定しています。

出来ていなかった所の改善策を意識して練習する

火力を出せるようになるには、自分が出来ていない所を1つ1つ直す必要があります。

ひたすら同じコンテンツで、反省点の改善策を意識しながら練習しましょう。

筋トレと同じで自分に少し負荷がかかるくらいのクリア済み極蛮神かレイド零式がオススメです。

動画を撮りながらコンテンツに行き、反省点を見つけて改善策を考え、コンテンツに行って反省点を改善するために練習するの繰り返しになります。

そうする事で自分の出来ない事が減っていきますので、結果DPSを出せるようになります。

 

もっともっと上達するために

上達するのに一番早いのは、FFLogsを活用する事です。

冒頭にも書きましたが、トップ層のスキル回しや軽減・バフ・シナジーのタイミングなど秒単位で全て解ります。

リプレイ機能もついているので、ギミック処理の仕方や位置取りなども見ることが出来ます。

疑問に思ったことは、ほぼ解決出来るでしょう。

FF14 FFLogs

【FF14】FFLogsで上手い人を参考にするポイントと手順

2019年6月4日

Logsの使い方がよくわかっていない方に向けて書いたので良かったら読んで見て下さい。

DPSを上げる為の練習法まとめ

DPSを上げる練習法フローチャート
  1. FFLogsを使って自分の実力を把握する
  2. スキル回しを見直す
  3. 自分のプレイ動画を撮ってダメな所を探し改善策を考える
  4. それを意識してコンテンツでひたすら練習する
  5. 3と4のループ

ですね!自分の出来ていない所を分析し、改善策を考えて、練習で克服する。

1つ克服出来たら間違いなく上達し、DPS向上に必ず繋がっていきます。

上達した分がDPS数値に表れるので、それをモチベに楽しんで練習するのが一番です!

以上DPSを上げる為の練習法の記事でした。参考になれば嬉しいです!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です