【FF14】FFLogsで上手い人を参考にするポイントと手順

FF14 FFLogs

FFLogsを使い慣れていない方に向けて、FFLogsを活用して

  • 上手い人を参考にする手順
  • 自分のログを見る手順
  • 自分のスキル回しを他人と比較する手順

と、参考にするポイントを書きました。

自分の見たい手順の項目を、目次から選んで見ることをおすすめします!



上手い人のログを参考にする手順

1)FFlogsのトップページから、左上の三アイコンをクリックします。

 

2)左側にコンテンツ一覧が出てきますので、見たいコンテンツのランキングをクリックします。(今回は説明のために1層で説明します。)

 

3)パーティー毎にクリアタイムが早い順でランキング表示されています。ここから左上のスピードの所をクリックします。

 

4)そうすると色々出てきますので、ダメージを選択します。

 

5)全ジョブのダメージランキングが表示されましたので、これをジョブ毎のダメージランキングにしていきます。全ジョブをクリック

 

6)各ジョブを選択出来るようになるので見たいジョブをクリックします。(今回は説明のために忍者を選択します。)

 

7)これで、1層の忍者のダメージランキングが表示されました。参考にしたい人をクリックします。(今回は説明のために1位の人を選択します。)

 

8)選択した人のパーティーの戦闘ログが表示されました。参考にしたい人の名前クリックします。(今回は説明のために忍者を選択します。)

ここから分岐します。

スキル回しを見る方法

スキル回しを見る方法では、キャストのタイムラインを使います。

9-1)参考にしたい人の与ダメージログのページです。ここからキャストタイムラインと進んでいきます。

 

10-1)そうすると、参考にしたい人のタイムラインが表示され、何秒にどのスキルやアビリティ、薬を使ったかが開幕から最後までわかります。

スキル回しを見る時のPOINT

  • 自分がスキル回しで迷ってしまう所を見る

ギミック処理中だったり、もうすぐ敵が飛んでしまう場合だったり、うまく回せない部分などはここを見て参考にしています。

何秒がどこだかわからない!という方はコンテンツ名+タイムラインで調べてみましょう。

  • バフやアビリティを使う順番を見る

不慣れな時はここを見て、開幕のスキル回しや、バフ・アビリティの順番などを参考にしています。

重要なアビリティやスキルをどのように使ったかを見る方法

バースト中にどのスキルを使ったか、重要なアビリティ等をどのように使ったかを見るには、与ダメージ(Damage Done)ページテーブル(右上)使います。

与ダメージページで見れる事

  • ウェポンスキル
  • 魔法
  • アビリティ
  • オートアタック
  • DoT

上記のダメージ量、キャスト数の詳細が見れます。

また、バフやデバフ等の重要アビリティ中に、どのような行動をしたかチェック出来ます。

9-2)参考にしたい人の与ダメージログのページです。ここから色々見ていきます。

赤枠で囲んである所にアイコンが見えます。このアイコンのどれかをクリックすると、そのアイコンの効果時間中にどんなスキルを使用したかがわかります。複数選択する事も可能です。

試しに、ここの一番右にある被ダメージ上昇デバフ(だまし討ち)をクリックしてみます。

 

10-2)被ダメージ上昇アイコンが緑の□で囲まれています。これがそのアイコン選択してる状態になります。また、アイコンを2回クリックすると□の色が赤に変わります。だまし討ちで説明しますと、

緑の□で囲んでいる状態=だまし討ち効果時間中に使ったスキルが、下のスキル一覧に表示される

赤の□で囲んでいる状態=だまし討ち効果時間中に使ったスキルは除外して、下のスキル一覧に表示される

そしてグラフも変わっています。グラフにマウスカーソルを当てると、だまし討ち中に使用したスキルがわかります。

上の画像のように、3回目のだまし討ちのグラフをマウスでドラッグして範囲を選択すると、その期間のスキル内訳が下の画像のように表示されます。

3回目のだまし中に打ったアビリティやスキルが表示されます。

 

次に天地人を選択して、グラフにマウスカーソルを当てると、水遁ルートなのか土遁ルートなのかがわかります。

これらを使ってどのタイミングで、どのようなスキルやアビリティの使い方をしてるか把握できます。

 

与ダメージページを見る時のPOINT

  • 自己バフ、シナジースキル中にどのようなスキルを使っているか見る

捨身や発勁のようなバフ中、またはシナジースキル中の行動を自分と比較して、どんなスキルを撃っているか参考にしています。

また、これは自分のログを見て、バフ中に○○が入っていないなどの反省点を見つけるのにも役立ちます。

 

重要なアビリティやスキルをいつ使ってるか見る方法

重要なアビリティやスキルをいつ使ってるかを確認するには、キャスト(cast)ページテーブル(右上)を使います。

キャストページで見れる事

  • ウェポンスキル
  • 魔法
  • アビリティ

上記を使った回数や使ったタイミングの詳細が表示されます。

9-3)参考にしたい人の与ダメージログのページですが、ここからキャストをクリックします。

 

10-3)参考にしたい人のキャストページに飛びました。見たいスキルの右側にある+マークをクリックします。(今回は忍者のだまし討ちの詳細を見ていきます)

 

11-3)さっき+を押したスキルがグラフで表示されました。グラフにマウスカーソルを当てると、何秒にスキルを使ったか確認できます。

 

キャストページを見る時のPOINT

  • 自己バフ、シナジースキル、薬を使ってるタイミングを見る

自己バフやシナジースキルを使っている時は、自分の大なり小なりのバーストタイミングになると思います。ギミック的に殴れない時間が少しでもある場合、ずらしたほうがいいのかなどを自分は参考にしています。

また、自分のログを見て、どうしているかなども反省点を見つけるのに役立ちます。

 

  • 使用タイミングの難しいスキルのタイミングを見る

天地人や闘魂旋風脚など、使用タイミングの難しいスキルの使い所とキャスト数を参考にしています。

 

  • キャスト数を自分と比較してみる

不慣れな時は、トップ層に比べてスキルの回数が少ない時がありますので比べてみましょう。また、クリアタイムでアビリティの使用頻度も変わってしまうので、与ダメージページのやり方と同じで、グラフをマウスでドラッグし範囲を選択して同じタイム内で比べてみましょう。

 

スキルを+で複数選択することでグラフが増えて見比べる事が出来ます。(今回はだまし討ちに六道輪廻が乗っているかどうか確認してみます)

自分のログを見る手順

FF14 FFLogs

1)FFlogsのトップページから右上の自分のアイコンをクリックします。

 

2)自分のアイコンをクリックしたら、右側に新しい項目が出てくるので、一番下の自分のキャラの名前をクリックします。

 

3)自分のページに飛びました。見たい層をクリックします。ここでは1層を選択して説明していきます。

 

4)自分の一番DPSが高いor最新のログを選択します。(ここでは一番DPSが高いログを選択しました。)

 

5)選択したログのパーティー全体のログが表示されました。自分の名前をクリックします。

 

ここから分岐します。

 

 

他の人と自分を比較する手順

FF14 FFLogs

1)FFlogsのトップページから右上の自分のアイコンをクリックします。

 

2)自分のアイコンをクリックしたら、右側に新しい項目が出てくるので、一番下の自分のキャラの名前をクリックします。

 

3)自分のページに飛びました。比較したい層をクリックします。ここでは1層を選択して説明していきます。

 

4)自分の一番DPSが高いor最新のログを選択します。(ここでは一番DPSが高いログを選択しました。)

 

5)そうしたら、このようなページに飛ぶので右上の比較を押します。

 

6)比較ページに飛びました。赤枠で囲んである所を設定していきます。

Select Player:自分のキャラを選択

Fight Length:クリアタイムの前後。今説明のために選択したログのクリアタイムが6:50なので、クリアタイムが6:40~7:00のログが検索でヒットする。

Time Range:何日前までのログを検索でヒットさせるか。

Select Mertic:何でソートするか。DPSでソートしたい場合はDamageで大丈夫です。

設定が終わったらSearchボタンを押しましょう。

 

7)サーチで何件もヒットしました。1位の人と比較してみます。1位の人の名前をクリックします。

 

8)この画面になります。ページの前半に書いた同じやり方で比較することが出来ます。

ここから分岐します。

何故か比較するとキャストページだけは上手く表示されないので分岐にはリンクしませんでした。

さいごに

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:準備編【Part1】

2019年5月17日

こちらの灰色からオレンジを目指す企画の中でも、ここに書いてあるLogsを参考にする方法を使用しています。

以上、Logsを活用する記事でした。参考になれば嬉しいです!

 









2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です