【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師匠とレイド編【Part6】

FF14 灰色 オレンジ 忍者

前回までの灰色忍者は

時はパッチ4.58。近接ロールをメインでプレイしているが、忍者だけはスキル回しすらわからず、少し触っただけなのに難しすぎて諦めてしまう。そんなある日、モ忍枠で5.0固定に誘われ灰色忍者から脱却する事を決意。

何気ないツイートから、プロ忍者のNさんと話す機会が出来て、忍者のイロハを教えてもらい上達への近道をした灰色忍者。次の日、Nさんからレイドのお誘いがあり、1層のリベンジをすることになったのである。

前回の記事とPart1

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師との出会い編【Part5】

2019年6月1日
FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:準備編【Part1】

2019年5月17日
Logsの色がわからない人のために補足

Logs 色 Perf
この色とPerfの数字は、FFLogsで1つのコンテンツ内の同じジョブでのランク付けで、DPS1位を100として、相対的に数字と色でランク付けされます。 

スキル回しすら禄にわからない状態の灰色忍者からオレンジになるまでに、どんな事をして何を考えてDPSを伸ばしていくかの過程を書いていく連載記事になります。

※目標達成する前に5.0が来てしまった場合そこで終了になります。



現在の状態

前回の記事でやった事

  • 信憑性が高い記事を参考に忍者の基本的な動き方を勉強した
  • その記事に書いてあるスキル回しを参考にした
  • スキル回しを手に馴染むまで木人で練習した
  • 1層と3層でコンテンツ慣れした
  • 動画を見直してスキルミスが多い原因を探した(HUDを最適化した)
  • 騙し中に入れるアビリティの優先度を理解した
  • 上手い人に疑問に思っていた事を聞いて解決した

 

各層の状態

  • 1層は
  • 3層はオレンジ

 

Perfをあげるために今後やっていく事

  • これから出てくる細かい問題点を潰していく
  • コンテンツでのスキル回しのミスを無くす

レイドへ【3日目前編】

Nさんに色々教えてもらって、少しづつ忍者の細かい所がわかってきた。

新しく教えてもらったことを意識して木人を殴りつつ、休憩しながら裏画面でブログを書いていたら、目の前にNさんが居た…!

Silva
Nさん...!こんばんは!
Nさん
こんばんは。あれからレイド行きましたか?
Silva
いえ、まだブログ書いてて行ってないんですよ
Nさん
これからフレとレイド行くのですが一緒に行きます?
Silva
Nさんのフレンドと!?騙しずれても怒られないですか!?【FF14】下忍さん、だまし討ちをとんでもないタイミングで入れてしまう...【悲報】みたいなスレが5chに立ちませんか大丈夫ですか?
Nさん
大丈夫ですよwそんなので怒る人は居ないですし皆優しいですよw
Silva
なら行きます!迷惑かけたらすいません

 

という形で、師匠と師匠フレンズとレイドに行くことになった。

何層が良いか希望を聞かれたので、リベンジのために1層を希望した。

かなり緊張したがいざ1層へ。

まずは2週してみた。

前回の1層とほぼ同じPerfだが、新たな問題と反省点を発見した。

新たな問題と反省点

新たな問題:縮地

俺が忍者に苦手意識があった理由の大きな理由の1つとして、他ジョブの移動技と違い、忍者の移動技はグラウンドターゲットという事。

3層の大ロケパンの場合、線がついていてもギリギリまで殴りつつ散開マーカーにグラウンドターゲットで飛べたりして便利なのだが、1層のたつまきフェーズのアンブラスマッシュや、つなみフェーズのような離れるシーンがありボスに接近する時に使おうとすると、どうしても自分の場合もたついてしまい、大分ロスが出ていた。

 

この企画のPart2で、初めて1層に行った時は必死で思い付かなかったけど、スキル回し的にも場数的な意味でも慣れてきたおかげか、そこまで気がまわるようになってきた。

これをNさんに相談したら、使いにくければ縮地マクロという手もあると、こんなマクロを教えてもらった。

/micon 縮地
/ac 縮地 <t>
/ac 縮地

ターゲットしてる時はその相手に向かって縮地が発動し、ターゲットしていない時はグラウンドターゲットになるというマクロ。

これならたつまきフェーズとつなみフェーズの移動ロスは少なくなるかな?

 

反省点:騙し討ち

以前詰め固定をやっていた時に、ほのおルートとつなみルートどちらかの場合、黒水晶に騙し討ちを入れると聞いていたので(どちらかだったか忘れてしまいましたごめんなさい)黒水晶で騙し討ちが戻ってきていた場合に打っていたのだが、様子を見てみると野良だと後半の開幕に薬とシナジーを使うっぽかったので、騙し討ちと他ジョブのシナジーがずっとずれてしまっていた。(その時のパーティーメンバーの皆さん申し訳ないです)

次は皆に合わせる形で打ってみよう。

次回予告

師匠と一緒に1層のリベンジに来た灰色忍者。新たな問題と反省点を見つけて対策を練った。次回、師匠とレイドへ後半

前回の記事とPart1

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師との出会い編【Part5】

2019年6月1日
FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:準備編【Part1】

2019年5月17日








3 件のコメント

  • 実際試したわけじゃないからハッキリと断言できないけど騙しとか縮地の使い方が悪かったからってperfが20も30も落ちたりはしないと思うぞ?下がるには下がるけど縮地に関しては最後の詰めの段階
    影牙の更新ミス、風遁を何度も溢れさせる、GCDと忍術が常に回ってない、アビリティを毎回騙しに合わせようとしてる、そもそもギミックミスして死んでる
    装備がまともならこれらの要因が何度も複数起きてないと灰色にはならん

    • コメントありがとうございます!名無しさんが仰っている事は間違いないと思います。
      ですが、この企画のPart1から見てもらえるとわかると思うのですが、灰色の状態から忍者の知識や木人でのスキル回し等の事前準備をしっかりしてオレンジを目指す過程を書いた記事になります。

      このPart6の記事内にも、前回の記事でやってきた事等も途中から読んでくださる方に向けて記載していまして、灰色だった頃(part1)に比べるとPart6の私は成長していて紫からオレンジを目指す詰めの段階に入っている状態になっております。

      途中から読んで下さっている名無しさんのような方に向けて、前回までの記事で実践してきた事や現状の状態について読みやすいように工夫してみます!m(_)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です