【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師匠とレイド編【Part7】

FF14 灰色 オレンジ 忍者

前回までの灰色忍者は

時はパッチ4.58。近接ロールをメインでプレイしているが、忍者だけはスキル回しすらわからず、少し触っただけなのに難しすぎて諦めてしまう。そんなある日、モ忍枠で5.0固定に誘われ灰色忍者から脱却する事を決意。

プロ忍者のNさんからレイドのお誘いがあった。1層のリベンジをすることになり、2周ほど周回したら縮地とシナジー合わせについて新たな問題点が見つかるが、2つとも対策をして後半に備えた。

前回の記事とPart1

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師匠とレイド編【Part6】

2019年6月9日
FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:準備編【Part1】

2019年5月17日
Logsの色がわからない人のために補足

Logs 色 Perf
この色とPerfの数字は、FFLogsで1つのコンテンツ内の同じジョブでのランク付けで、DPS1位を100として、相対的に数字と色でランク付けされます。 

スキル回しすら禄にわからない状態の灰色忍者からオレンジになるまでに、どんな事をして何を考えてDPSを伸ばしていくかの過程を書いていく連載記事になります。

※目標達成する前に5.0が来てしまった場合そこで終了になります。



現在の状態

前回の記事でやった事

  • 信憑性が高い記事を参考に忍者の基本的な動き方を勉強した
  • その記事に書いてあるスキル回しを参考にした
  • スキル回しを手に馴染むまで木人で練習した
  • 1層と3層でコンテンツ慣れした
  • 動画を見直してスキルミスが多い原因を探した(HUDを最適化した)
  • 騙し中に入れるアビリティの優先度を理解した
  • 上手い人に疑問に思っていた事を聞いて解決した
  • 縮地が使いにくかったのでマクロ化した

 

各層の状態

  • 1層は
  • 3層はオレンジ

 

Perfをあげるために今後やっていく事

  • これから出てくる細かい問題点を潰していく

レイドへ【3日目後編】

1層を2周し終わり、再募集してる間に2つの問題の対策が出来たので、また1層へ。

野良だとシナジーが合わない事が多く、そもそもシナジー持ちジョブが居ても、シナジースキルを使ってくれない事もざらにある。

今回はNさんのフレンド数人が居て、強いメンバーが揃っているのとシナジーパーティー構成という事もあって、なんとしてもオレンジを取っておきたい。

とりあえず3周ほど。

クリDH運もあるかもしれないが、やはり黒水晶で騙しを打たずに、後半開幕に騙しを入れてシナジーが合わさったのが大きい。

 

ここで前回の記事で行った1層のログと今回のログの、後半開幕のシナジー合わせする所をグラフで見てみる。

白い□は黒水晶に騙し討ちを入れている所で、ピンクの□は騙し討ち以外のシナジーが合わさった所。

今回行った1層では、白い所で騙し討ちを打たずに、ピンクの所で騙し討ちを入れて、他ジョブのシナジーと合わせたので今回のログ画像を見ると...

ピンクの□の後半開幕が、開幕と同じくらいDPSが出ていてクリアまでのグラフも、前回の記事のログより高めで終わっている。

シナジーアワセダイジゼッタイ。

 

縮地をマクロ化してロスが無くなった事で、手数が増えたのも大きい。

が、個人的には3層の大ロケパンみたいな所を想定して、マクロじゃない縮地も使いたいので、マクロ化した縮地と両方ホットバーにセットしようと思う。

そして残り2周。

DPSも更新出来て大変満足行く結果に終わった。

パーティも解散し、Nさんと少し話した。

Silva
Nさん今日はありがとうございました!。
Nさん
いえいえ、今シルバさんのLogs見てたのですが、すごく綺麗にスキル回せてますね。
Silva
本当ですか!?やったー!!どこか気になった点とかありますか?
Nさん
んー特に無いですけどあえて言うなら、クリアタイム的に一双の回数は変わらないので、最後の一双は最後の騙し討ちに乗せたほうが良かったですね。

Nさんと話すと物凄くタメになる。クリアタイムは思い付かなかった...

いつか吉田Pがインタビューで言っていた、これを思い出した。

――レイドに参加している人間の意見としては、そこはちゃんと自分で調べてこそ、ゲームを楽しむという感じだと思うのですが。

吉田氏: もうそんな時代ではない気がしますね。自分で調べられる勢は、どんどん上に行って、その周辺でコミュニティを形成します。

――でも、その上の人達は教えないですよね。自分たちがそうやってきたから。

吉田氏: いいえ、本当に滅茶苦茶上手い人は、アドバイスが欲しいと言えば、すごく真剣に的確に指摘をくれます。あまり気遣い無く。その代わり、徹底的に丁寧に教えてくれます。なぜなら、一緒にプレイする以上、仲間の愚痴を陰で言うヒマがあれば、その時間一緒に練習して、仲間に上手くなってもらったほうが、クリアまでの時間が早いからです。このレベルの人は、自分よりスキルの低い人と自分を比較しないですね。悦にも浸らない。自分より上手い人を見つけて、その人を目標にするタイプです。ただ、この手の人は「教えて欲しい、なんでも指摘して!」と言わない限り、自分たちからは動かない傾向にあります。相手がどれぐらい真剣なのかを見ないと、相手を傷つけるのを知っているからですね。

 だから、「その程度は調べてこいよ!」で止まってしまうのは、ミッドコアの方の思想です。他人に期待する時点で時間をロスしていると思います。トップ層は、他人にまったく期待しないし、他人に期待しないぶんだけサポートが手厚い。チームでクリアできればいいので、そのチーム内で誰がトップかなんて、どうでもいいのです。

 「なんで俺がこんなに努力しているのに、お前らその程度しかやらないんだ」というのもよく見かけるのですが、それは自分じゃなく他人だから仕方がないのかな、と思うのです。ですので、せめて時間が合うときは、「よーし、短い時間だけど、一緒に練習しようぜ!」という考えの方が、結果、相手も上手くなると思います。仲良くもなれますしね。

引用元:Game Watch様「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」超特大インタビュー

色んな上手い人を見てきたけど、これは本当だなぁとつくづく思う。いつか自分もこういうプレイヤーにいつかなりたいもんだ!

次は4層にチャレンジしよう。一番嫌いな2層は最後に残して...

次回予告

師匠と共に、1層のリベンジに成功した灰色忍者。次は1層と3層よりギミックが多い4層に挑むことを決意する。次回、4層へ

次の記事↓

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:レイド編【Part8】

2019年6月25日

 

前回の記事とPart1

FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:師匠とレイド編【Part6】

2019年6月9日
FF14 灰色 オレンジ 忍者

【FF14】スキル回しすらわからない超苦手な忍者で灰色から全層オレンジを目指す:準備編【Part1】

2019年5月17日








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です