【FF14】HUDレイアウトを見やすくする事が上達の近道!

FF14 HUD 配置

HUDレイアウトをカスタマイズする際に、何を基準に何の為にどのようにHUDレイアウトをカスタマイズするのか?を最初にお話します。

FF14の中で忙しいコンテンツといえば、やはり戦闘です。ギャザラーやクラフターは時間制限のある採取以外はゆっくりと進められるので、HUDレイアウトで左右される要素が少ないです。

ですが戦闘コンテンツは忙しいので集中するのと、8人コンテンツのレイドや極蛮神討滅戦は短い時間で色んな情報が行き来するので、自分が戦闘中に多くの情報を見やすいように快適にする為、HUDレイアウトをカスタマイズしておく必要があり、HUDレイアウトをカスタマイズして画面が見やすくなるという事は、戦闘コンテンツで多くの情報を処理しやすくなる為、上達に繋がります。

何を基準に=短い時間で多くの情報が行き来する8人コンテンツ

何の為に?=戦闘コンテンツを快適にするため

どのように?=UI情報を見やすく、視界が広くなる配置

HUDレイアウトをカスタマイズする中で重視する事や、配置の仕方を紹介します。



HUDレイアウトを変える時に重視する事

FF14のHUDレイアウト

クリックで拡大!

自分のHUDはこんな感じでPCのキーボードとマウスを使用。

何故こんなHUDレイアウトなのか、戦闘コンテンツを快適にするために大事にしてるポイントを箇条書きにしてみます。

  1. 普段見てる場所に重要な情報を置く
  2. 視点の移動を最小限に抑えられる配置
  3. 視界を広くする

それぞれ順番に説明していきます。

 

普段見てる場所に重要な情報を置く

FF14のHUDレイアウト

クリックで拡大!

画像の緑の所が、プレイ中に自分が無意識に普段見ている場所で、ここが目のホームポイント。

ここに頻繁に見る情報が視界に入るように色々置きます。一番重要な情報ですね。

僕は、自分のバフデバフ、自分が入れたDOT、ジョブゲージ、敵の詠唱バーに頻繁に目でアクセスしているのでこの配置。

特にこの緑枠には敵の詠唱バーと自分のデバフは絶対に置いておきましょう。

自分にいきなりデバフがついても即反応出来ますし、敵の詠唱も見逃しません。

プレイ中に普段見ている付近に重要な情報を集めて、ギミック処理中でもスキル回しが出来るようにしています。

 

頻繁に見る情報
  • 敵の情報(HPゲージ デバフ キャストバー)
  • ジョブゲージ
  • アビリティのリキャスト確認用ホットバー
  • 自分のバフ
  • 自分のデバフ
  • 自分のキャストバー
  • フォーカスターゲット
  • HP MP TPバー

ヒーラーの場合はここにPTリストも置いたほうが良いです。

視点の移動を最小限に抑えられる配置

FF14のHUDレイアウト

クリックで拡大!

無意識に見てる場所に頻繁に目でアクセスする情報を置いてきましたので、チラ見で確認出来ればいい情報をオレンジ枠に置いていきます。

置いていきますが、チラ見する際に出来るだけ視点の移動は最小限にしたい!のと上半分は視界を広くしておきたいので、邪魔にならないように設置していきます。

自分はキーボードマウスでプレイしていて、右手マウスなのでパーティーメンバーをタゲる時は右側にあったほうがすぐ選べるので右側に配置。

普段見ている緑枠からオレンジ枠に視点をズラして、欲しい情報を確認したら緑枠にすぐ戻れます。打ったら戻る真ん中へというマリオテニス戦術で視点の移動を最小限に抑えられていて、アクセスが良いです。

チラ見で確認出来ればいい情報
  • ホットバー
  • LBゲージ
  • PTリスト
  • 敵対リスト
  • ミニマップ

 

視界を広くする

FF14のHUDレイアウト視界が広い

クリックで拡大!

中心から上半分はコンテンツ全体の動きがわかりやすいように、視界が広くなるように設定しました。

ギミックやパーティーメンバーの動きなどがわかりやすく、AoEも避けやすいです。

特に外周ギミックがあるコンテンツでは、余計なUIがあると邪魔に感じ、視界が広いと見えやすいのでオススメです。

プレイしていてゴチャゴチャしてないのが、個人的にとても見やすいです。

 

ホットバーは隠せる

FF14 ホットバーを隠す

クリックで拡大!

エモートや、ギアセット等は隠せるホットバーに収納しています。

緑○で囲んであるエンドキーを押すと発動するマクロはこちら↓

/hotbar display 9  

/hotbar display 10

コピペする時は、数字の部分を使いたいホットバーの番号に変えてくださいね!

このマクロを押すと、ホットバー9とホットバー10(オレンジ矢印部分)を表示させたり、消したり出来ます。コンテンツ中に使わないホットバーは消して、画面を広く使うことが出来るのと、見栄えも良いのでオススメです!

自分の昔のHUDと比較してみた

FF14のHUDレイアウト

クリックで拡大!

FF14のHUDレイアウト

クリックで拡大!

 

1枚目が現在、2枚目が昔です。

昔のHUDレイアウトは、ジョブゲージと敵のデバフバフ、自分のバフデバフが下の方にあるので視点も下に行ってしまい、せっかくひらけてる視界が活かされてないなぁ思っていたので、HUDレイアウトのアップデートが来た時に、自分のバフ情報をHPバーの上に持って来ました。

HUDレイアウトを変えて視点が変わると、かなり違和感を感じましたが次第に慣れて来ました。

そこで感じたのが視野広くなったな!?という事と、HUDレイアウトを変える前はわからなかった自分が頻繁に目でアクセスしている場所は、自分のバフと敵のバフデバフ情報だという事。

普段自分がどこを中心に見てるかを考えてHUDレイアウトを作ると見やすくなりますね。

HUDレイアウトを見やすくする事が上達の近道!まとめ

自分の視野が狭いなぁと思ってる方は普段自分が見ているUIを中心にHUDレイアウトをカスタマイズしてみるのをオススメします。

  • 普段見てる場所に重要な情報を置く
  • 視点の移動を最小限に抑えられる配置
  • 視界を広くする

この3つを意識しながらHUDを作ってみましょう。

HUDやキーバインド等の操作環境は、ゲーマーにとっては自分の手足と言っても過言では無いと思いますので自分が見やすく、戦闘コンテンツを快適にプレイ出来る環境を作って行きましょう!

以上、HUDレイアウトを見やすくする事が上達の近道!の記事でした。参考になれば嬉しいです!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です