【FF14】キーバインド設定・キー配置の決め方【キーボード・マウス勢向け】

FF14 キーバインド キー配置

現在マウス・キーボードでプレイしている、または移行したけどキー配置で悩んでいる方に向けて、戦闘で使うスキルをどのキーに配置するか?また、どのように配置して行けばいいかを解説していきます。

それと、ギミック中や移動中に攻撃が出来てない方はキー配置に原因があるかもしれませんので心当たりがある方は是非読んでみて下さい。



使うキー配置の決め方(キーボード編)

FF14の戦闘コンテンツって同時にいろんな事をしなきゃいけないですよね。

  1. スキル回し
  2. 移動(AoEを避ける)
  3. ギミック処理

これらを同時にこなすには慣れもありますが、一番の関わってくる所がキーバインド配置です。ギミック中や移動中に攻撃出来ないって人は、キーの配置によって物理的に複数の事を同時に出来ない場合があります。

極端な例ですが、移動に割り当ててるキーがWASDだとして、数字キーの567にメインスキル(コンボ等)を割り当てているとします。そうした場合、移動キーから手を離さないとスキルを打てないのでAoEを避ける等の移動中やギミック中に攻撃の手が止まってしまいます。

なので複数の事を同時に出来るようにキーを配置していく必要があります。

押しやすいキーを見つける

移動キーを軸にして、移動しながらでも押しやすく押し間違いしにくいキーを探しましょう。これは自分が配置している例ですがこんな感じです。

FF14 キーボード

赤色=移動キーを割り当て。薬指・中指・人差し指担当

水色=WSやタゲ切り替え等割り当て。薬指・中指・人差し指担当

緑色=アビリティの割り当て。親指担当

茶色=Shiftを押しながら他のキーを押すと別のスキルが出るように割り当て。小指担当

押しやすいキーを見つけるコツ

移動キーのWASDを軸に手の届きそうな位置にキーバインドを設定して行きます。設定出来たら5分ほど木人を移動しながら殴ってみると「ここは移動するとき押しにくい」「ここはこのキーを押してる時に押しにくい」等、押しにくいキーや押し間違いやすいキーが出てくると思います。

押しにくいキーは論外ですが、押し間違いしやすいキーに関しては、違うスキルを割り当てる事で使いやすいキーになる場合があります。

マウスには何を割り当てるか

キーボードとマウスでプレイしていて、キーボードをメインにWSやアビリティを配置している場合、サイドボタンがいくつかついているマウスをオススメします。

以前はG700を使用していましたが、現在G502を使っていますのでG502で説明。

FF14 マウス

赤色=アビリティ割り当て。人差し指担当

水色=キーボードで押しにくかったCTRLの割り当て、アビリティと一番近くの敵をターゲットの割り当て。親指担当

キーボードで小指を使いたくない方はサイドボタンにCTRLやShiftの割り当てをオススメします。僕はShiftは押しやすいけどCTRLは押しづらかったためCTRLだけ割り当てています。マウスにもアビリティを割り当てる事で、スキル回しのバースト等忙しい操作をするときに、キーボードとマウスに分散されるのでかなり楽になりました。

マウスのサイドボタンやホイール周りにMAPやアーマリーチェスト等を割り当ててる人をたまに見ますが、戦闘を快適にしたい方にはオススメしません。マウスのサイドボタンやホイール周りは、かなりボタンが押しやすいので戦闘に関する割り当てをしましょう。

自分のキー配置

キーボード

移動=WASD

コンボスキル・メインスキル=1・2・3・4・Q・E  Shift+1・ 2 ・3 ・4 ・Q・ E

アビリティ= C・V・B・F・R Space  CTRL+1・2・3・4・Q・E

コンテンツアクション・薬=F1 F2

タゲ切り替え=TAB

ジャンプ=無変換

自分の使っているキーボード

マウス

サイドボタン=CTRL 一番近い敵をターゲット アビリティ

左クリック横のボタン2つ=アビリティ

ホイールクリック=アビリティ

ホイールチルトx2=アビリティ

自分の使っているマウス

戦闘コンテンツだとジャンプでほぼほぼ使わないので、Spaceにアビリティを割り当て無変換にジャンプを割り当てています。

Z・Xキーは押し間違える可能性と押しにくいので割り当て無し(ここ押しやすい人は居るかも?)

R・Fキーは押しやすいが、押し間違える可能性があるのであまり使わないアビリティを配置

小指でCTRLを押しにくいのでマウスのサイドボタンにCTRLを設定。

まとめ

スキル回し・移動・ギミック処理を同時に出来るように、キー配置を考えていくのがポイントになります。

キー配置で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です