【FF14】固定に入る時に気をつけたい事・ギスギスする理由

FF14 固定 ギスギス

拡張パッチ、5.0の漆黒のヴィランズから零式に挑もうと思っている方や、固定に入ってみようと思う方は多いのではないでしょうか?

5.0から、初めて固定に入ろうとしてる方に向けて、固定のメリットや気をつける事、巷で言われているギスギスについても触れていこうと思うので参考にしていただければなと思います。



固定を組むとこんな良い点がある

  • 自分と同じ位のやる気を持ったメンバー8人と攻略出来る

これが一番大きいメリットなんじゃないかなぁと思います。本気で攻略したい人は早期攻略固定に、効率良くというよりはメンバーとワイワイやりたいという方はまったり固定に入るという感じで、自分の攻略ペースと同じ人と一緒に出来るのが強みです。野良の場合は両者居るので、何かとギスギスしたりすることがあるのでそういうリスクを避けつつ楽しめます。

 

  • ロットルールが決まっている固定なら素材が必ず回ってくる

野良だとタンクヒーラーは毎回ロット勝負になりますが、固定なら相方に装備が回ってもパーティー全体を見ると強くなり、クリアもしやすくなりますし、次出たら絶対回ってきます。強化系素材も必ず手に入るのが良いですよね。

 

  • 上手い人に出会える可能性が高く、知識を教えてもらい上達出来る

野良の場合だと出会っても仲良くなる機会が少ないですが、固定だと自分より上手い人に出会って仲良くなれる可能性が高く、刺激をもらったり知識を教えてもらったりする事が出来ます。

 

  • 攻略法が毎回同じ

野良だとマクロが毎回違っていますが、固定だといつも同じです。やり方を変える場合は打ち合わせで話し合いながら変えていくので安心です。

 

  • 活動時間が決まっている為、野良と違いPTを探す時間等の待ち時間がない

野良の場合だと、好きな時間に練習に行けますが募集が無かったり、募集を立てても他のパーティと内容が被って埋まらなかったりして出発出来ない事が多いです。固定なら練習時間が決まってるので募集する手間や待ち時間がありませんので、活動前に予習復習や好きなことに時間を使えます。

固定を組むと悪い点もある

  • 時間に縛られる

活動時間が決まっているため、「気分じゃないから今日はやらない」など固定メンバーに迷惑がかかってしまうので気分で決めることは出来ません。

 

  • 固定内に合わない人が居た場合辛い

性格的にもPS的にも、自分と合わない人が居た場合、居心地が悪くなり辛いです。

固定に入る前と入った後に気をつける事

  • 自分の実力とやる気に見合った固定を探そう

一番これが大事です。温度差には特に気をつけて!に詳しく書いてあるのですが、自分の実力とやる気以上の固定に入ったり、以下の固定に入っても良いことはあまりありません。ギスギスの原因になりますので注意が必要です。

 

  • 募集内容はしっかり読んで守ろう/確認しよう。

固定に入る時は、しっかり募集内容を読んで守りましょう。後々トラブルにならないように、わからない事は面談の時にしっかり聞いておきましょう。

 

  • 遅刻・無断欠席

8人で攻略するという事は、メンバー全員が攻略をする為に時間を作っているので、遅刻や無断欠席は本当にNGです。遅れる・欠席する場合は、出来るだけ早く連絡を入れましょう。

 

  • スケジュール管理

Googleのスプレットシートや、調整さんで日程を調整する固定が多いと思います。自分のスケジュールが分かり次第すぐ記入しましょう。管理する側からすると、言わないと記入してくれない人が居ると地味に困ります。

 

  • わからない事は聞く

ギミックや攻略法に対する自分の理解が薄いなと思ったり、ここわからないと思ったらすぐ聞きましょう。わかってるフリをするのが一番良くないです。

温度差には特に気をつけて!

固定探しで一番重要な事は、レイド攻略に対して熱意が同じ位のメンバーと固定を組むことです。

本気で攻略をする固定で、予習復習をあまりしてこなかったり同じミスを繰り返しているのに改善して来ようとしなかったりするメンバーが居る場合、周りからしたら予習復習や改善策を考えてくるのは「当たり前の事」なので、やって来ないメンバーにフラストレーションを貯める事になります。

逆にゆっくり攻略をする固定に、本気で攻略したいメンバーが居て、その人が固定のペース以上の事を周りに求めると、周りはストレスが溜まりますよね。

どっちの場合でも、居心地が悪くなってしまったり攻略の事で指摘や意見言いづらくなってしまったりしてしまうので、温度差には注意が必要です。

メンバー全員同じ熱意で挑むレイドは、物凄く楽しいレイド攻略になりますので、固定選び・メンバー探しをする際は、レイド攻略に対する熱意が同じかどうか考え、自分のペースに合う固定を探しましょう。

固定内のギスギスについて

「固定ギスギス」というワードをよく見ます。

何故ギスギスしてしまうのか?と言うと、効率よくクリアを目指し攻略するためにメンバー探し、装備や薬飯の準備、予習復習などに労力と時間を割いて皆が本気でクリアを目標にしているからです。

レイドが始まってしまうと、野良と違って気軽にメンバーの入れ替えは出来ないので何か合った時にギスギスしてしまいます。

  1. メンバー内で攻略に対して温度差がある
  2. 指摘があった時に言い訳をしてしまう
  3. 指摘する際に、言い方がきつい

思いつく限りではこの3つかと思います。順番に説明していきます。

 

1)メンバー内で攻略に対して温度差がある

温度差には気をつけて!にも書きましたが、メンバー間で攻略に対して温度差があると、どちらかが我慢しなければいけない状況になってしまい、我慢してる方は鬱憤が溜まってしまい次第に我慢出来なくなり態度や口に表れてしまい固定内の雰囲気が悪くなってしまいます。

いくら指摘しても治らないとかは、PSもありますがそもそもの攻略に対してのモチベが違うので、本人からしたら頑張ってるけど周りからしたらそうは見えないという形で、ギスギスに繋がります。

 

2)指摘があった時に言い訳をしてしまう

「何故指摘をされるのか?」それは「ミスをした原因がわかっていない」か、「ミスの原因を自己申告をしていない。」のでメンバーから見たら「なんでミスしてるんだろう原因わかってるのかな?」となります。

「クリアするためにミスを減らして前に進んで行く」ためには、ミスした本人が原因をわかってなさそう(自分で解決出来なそう)な場合は指摘するしかありません。これはミスだけでなく、「火力低いのでもう少し出して下さい」などの指摘も同じです。

指摘する方も出来るだけ指摘したくありませんし、指摘された際に「出来ないんだし仕方ないじゃん。」とか「わかってるよ!!(半ギレ)」なんて言われてしまったら雰囲気も悪くなる上に、この人には何言っても無駄だなと思われ、固定全体のモチベも下がってクリアが遠のきますよね。なので「クリアに必要な指摘」をされて感情的になったり、言い訳したりするのはNGです。

 

3)指摘する際に、言い方がきつい

最初は柔らかく指摘してたのに、何回言っても治らないのでどんどんキツイ言い方になってしまう人が居る。元からキツイ言い方の人が居るせいで雰囲気が悪くなっていくという感じかと思います。

どちらの場合でも、固定メンバー全員で話し合う機会を設けたほうがいいと思います。反省会という形でもいいので、固定全体で指摘(アドバイス)をしやすい空気を作り解決策を皆に出してもらう場を作りましょう。

 

ギスギスするのは悪い事だけじゃない

ギスギスとは少し違うかもしれませんが、攻略中に集中力が切れてきてしまい攻略とは関係無い雑談が始まりパーティー全体でミスが増えてしまう場合や、ミスしてもヘラヘラして反省や改善が見られなくても許させる空気の場合、誰かが注意または固定内の雰囲気をピリピリさせる発言をすると、固定内の空気が引き締まり攻略が円滑に進みます。

終始雰囲気良く攻略出来るのが一番ですが、目的はクリアする事なので必要なギスギスもあると思います。

ギスギスと話し合い(指摘)は違う

たまに勘違いする人が居るのですが、話し合いや指摘=ギスギスは全く別です。

話し合いや指摘は、改善してパーティー全体でクリアに近づきたいからで、責めてる訳では無いという事を肝に銘じておきましょう。

 

固定の探し方

1つはFF14のロードストーンで日記検索をしてみましょう。ロドストの日記で固定メンバー募集・固定を募集している方が多く居ますので活用してみましょう。

2つめはFFXIV Party Finder。ロドストと一緒に使ってる人が多いです。物凄く見やすいサイトなのでオススメです!

 

固定に入る時に気をつけたい事・ギスギスする理由まとめ

固定の活動時間を確保出来るなら固定を探すことをオススメします!

ギスギスなど悪いイメージもありますが基本はないのと、固定に入ることによってレイド遊びがもっと楽しくなりますし友達も増えますし、良いことのほうが圧倒的に多いです!

以上、固定に入る時に気をつけたい事の記事でした。参考になれば嬉しいです!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です