【FF14】動画撮影と反省が上達の近道!

FF14 動画撮影 反省

これから難しいコンテンツに挑みたい、練習はしてるのに中々上手くならない...という方は動画撮影をオススメします!

動画撮影をするとどんなメリットがあるか書いて行こうと思います。



動画撮影をする事で得られるメリット

自分のプレイ動画を録画しておくと、色んな場面に役立ちます。

高難易度コンテンツのクリアに役立ったり、自分のPS向上に繋がったりします。

そのような場面でどのように役立つのかを説明していきます。

 

  • 高難易度コンテンツ

練習中に「自分がギミックで何故ミスしたのかわからない」「苦手なギミックがある」等の事は誰しもあると思いますが、録画しておく事により、後から動画で振り返る事が出来ます。

僕も練習中に、自分がミスした時やワイプになった時に、一旦録画を止めて録画していた動画を振り返り、ミスした原因を探します。

そうする事でミスが減っていき、自分がコンテンツ(ギミック)に慣れる時間を短縮出来ます。

また、全滅が起きて原因がわからないワイプになってしまった場合などに、録画しておくと原因がわかる事が多く、パーティ全体でミスに気をつける事が出来てクリアまでの時間を短縮出来ます。

 

  • PS向上

自分のジョブをもっと扱えるように、コンテンツや木人で練習する場合などにも、録画しておけば後から動画で振り返る事が出来ます。

PS向上のためには、ある程度の知識と、自分は何が出来ていないのかを知る必要があります。

ある程度の知識はネットで検索をすれば出てきますが、自分の出来ていない所を知る機会は中々ありません。

自分のプレイ動画を録画しておけば、例えばですがGCDが常に回っていないとか手数が減っているスキル回しがおかしいなどの、自分の粗がハッキリわかりますので対策をしましょう。

どこを見ればいいかわからないという方は、ネットで出回ってる知識と照らし合わせて見てみるのをオススメします。

意識して練習する

動画を見返して、反省点を見つけるだけで終わらないようにしましょう。

動画を見返して自分が出来ていなかった所の反省点がわかったら、そこを意識して練習しましょう。

意識しながら練習すると、出来なかった所や苦手な所を克服する事が出来るので、同じミスをしないようになります。

 

動画を撮る癖と見返す癖をつける

「今の見返したいけど撮り忘れてた・・・」という事が結構あるので、動画を撮る癖をつけておきましょう。

見返すタイミングも、出来るだけ早い方が良いです。

動画を撮り、日にちが経ってから見返しても、苦手と感じた所や見返して復習したいと思った所がすっぽ抜けやすくなってしまうので、コンテンツが終わったら出来るだけすぐ見直しましょう

基本、わからない事や疑問に思った事は、すぐ調べて解決しましょう!

その知識欲は、後回しにするほど熱が冷めていき、調べるのが面倒くさくなって来ます。

鉄は熱いうちに打て」です!

 

動画を撮るには

PCでプレイしている方

グラボがNVIDIAの場合

GeForce Experienceというアプリに標準搭載しているShadowPlay(Share)で動画を撮れます。動画を撮ってる事すら忘れるほど負担も軽いためNVIDIAのグラボを使ってる方はこちらをオススメ。

※GeForce GTX 650以降に対応していて、それ以前の古いグラボには対応していません。

 

グラボがRadeonの場合

自分はRadeonのグラボは使ったことがないので詳しく無いですが、ShadowPlayと同じくRadeon ReLiveで録画出来るみたいです。

 

PS4でプレイしている方

自動録画で動画を撮る場合

自動録画は15分前(デフォルト)まで遡り、動画を保存出来ます。

コントローラーのシェアボタンを押してビデオクリップを保存するで保存出来ます。

 

任意録画で動画を撮る場合

シェアボタン2回で録画開始、もう2回押すと録画終了になり、動画を保存できます。

録画したいけど容量食うからなぁ…と思う人はYouTubeやツイッチで配信するのも手です。

YoutubeLiveの場合、限定公開に出来るので人に見られたくないという方はYoutubeの方がいいです。

 

動画撮影と反省が上達の近道!まとめ

  1. 動画を撮りながらコンテンツに行く
  2. 動画をすぐ見直して、ミス等を対策する
  3. 考えた対策を意識して練習する

の繰り返しです。

後は上記の事をしながら回数を重ね、楽しむという事を忘れないで練習しましょう!

以上、動画撮影の記事でした。参考になれば嬉しいです!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です