【FF14】初心者~中級者向けロールの基本・基礎知識

FF14 初心者 ロールの基礎 知識

「何のジョブやろうか...そもそも各ロールの役割がわからないし自分には何が合うのかなぁ」と悩んでる初心者さんや、

「少しFF14にも慣れてきたし他のジョブやロールもやってみようかな」という少し慣れてきた人に向けての記事になります。

まったりやりたい初心者の方と、エンドコンテンツ攻略を視野に入れている初心者さんや、少し慣れてきた方ではロールやジョブ選択も違って来ると思うので、将来エンドコンテンツに行きたい人向けに、各ロール4人8人コンテンツの注意点なども書いて行きますね~



FF14のロール

FF14ではTANK(タンク) DPS(アタッカー)HEALER(ヒーラー)の3つに分かれており、それぞれに役割があります。

TANKを見るならココをクリック

DPSを見るならココをクリック

HEALERを見るならココをクリック

TANK(タンク)

戦士のアイコンナイトのアイコン暗黒騎士のアイコン

タンクの役割は、敵のヘイト(敵視)を集め自身にターゲットを向けさせ、敵の攻撃を受け持つ盾役です。

高いHPと高防御力が特徴で、ヘイトが多く稼げる技が使えたり、一時的に相手の攻撃を軽減する技(防御バフ)を使ったり、数秒の間だけ無敵のような技を使いながら戦います。

タンクが敵のヘイトを集め注意を引きつけてる間に、パーティメンバーが攻撃やヒールに専念する事が出来ます。

また、8人コンテンツではメインタンクとサブタンクに分かれ、ジョブによってどちらかを担当する事が多いです。

補足

メインタンクとは...  MTと略され、主にボスのターゲットを持つ方です。

サブタンクとは... ST、またはOT(オフタンク)と略され、主にMTの補助役です。

 

DPS(アタッカー)

竜騎士のアイコン忍者のアイコンモンクのアイコン侍のアイコン 吟遊詩人のアイコン機工士のアイコン 黒魔道士のアイコン召喚士のアイコン赤魔道士のアイコン

DPSの役割は、攻撃に専念して敵のHPを削るアタッカー役です。

近接物理DPSのメレーと遠隔物理DPSのレンジ、遠隔魔法DPSのキャスターに分かれます。

補足

メレーとは... 敵に接近してコンボを軸に戦うアタッカーで、コンボに方向指定があるのが特徴です。

レンジとは... 遠距離から攻撃し、パーティーメンバーの支援も出来るバッファー寄りのアタッカーです。

キャスターとは... 魔法で攻撃をするアタッカーで、攻撃をするには詠唱を必要とし、移動制限が掛るが大ダメージを与えられるのが特徴です。

 

キャスターはMPを消費して戦います。

8人コンテンツではメレー2レンジ1キャスター1の4人で組むことが多いです。

 

HEALER(ヒーラー)

白魔道士のアイコン学者のアイコン占星術師のアイコン

ヒーラーの役割は、パーティーメンバーに回復やバリアをしながら攻撃をする回復役です。

パーティメンバーのHPを回復する事が出来、バリアを貼ったり蘇生したりデバフを解除するなど、パーティメンバーの補助をしつつ攻撃が出来るロールです。

また、8人コンテンツではピュアヒーラーとバリアヒーラー、どちらかをジョブによって担当する事が多いです。

補足

  • ピュアヒーラーとは...  減ったHPを回復して戻す事に長けている
  • バリアヒーラーとは...  HPが減る前にバリアを貼って受けるダメージを減らす事に長けている

まずは知っておきたい基礎知識

パーティーを組む際にロール共通で知っておかなければならない基礎知識がありますので紹介いたします。

ヘイトとは?ヘイトを見る方法

ヘイトとは敵視の事で、敵視が一番高いプレイヤーに向けて敵は攻撃して来ます。

攻撃や回復、バフなどのアクションを起こすとヘイトが発生します。タンクは、単体複数どちらに対してもヘイトを稼ぐ事を得意としたスキルを持っていて、ヘイトを稼ぐ手段が豊富です。

稼いだヘイトを見るには、敵視リストパーティリストから見る事が出来ます。

敵視リスト

 

 

 

ヘイトバー

 

 

 

 

 

 

 

ターゲットしている敵に対して、どのくらいヘイトを稼いでいるかが、バーと番号で表示されています。

ヘイトを持っている人

Aはターゲットしている敵から狙われている状態で、敵のターゲットを持っている状態です。

ヘイト順位A234の数字は、ヘイトが高い順番です。

 

ゲージは相対的な量を表しているので、自分がAで2になってる人のゲージが迫ってきていたら、ターゲットが2の人に移ってしまいそうな状態(ヘイト不十分)なので、ヘイトを稼ぎましょう。

バフとデバフとは?

バフとは状態強化(攻撃力アップや防御力アップ、クリティカル率上昇など)です。

デバフとは状態異常の事で(毒とか麻痺とか)パーティメンバーが状態異常になったら、ヒーラーのロールアクションLv20で覚えられるエスナ解除可能です。

また解除不可能なデバフもあり、見分け方がわからん!!って方はこちらの画像を参考にしてください。

バフデバフと解除できるデバフ

デバフアイコンの上に水色の線がついている物はエスナで解除可能ですが、ついていない物は解除が出来ません。

DoTとHoT

DoTとは、Damage over Timeの略で、継続的にじわじわHPを削る攻撃です。

HoTとは、Heal over Timeの略で 継続的にじわじわ回復するヒールです。もっとわかりやすく言うと毒の逆バージョンです。

 

HoT

クリックで拡大!

ここで上の画像にあるリジェネの効果を読んでみますと、対象のHPを継続回復する。回復力150 効果時間21秒となっております。

基本HoTやDoTは、3秒周期に1回効果が発生します。つまりリジェネは、回復力150分のヒールが7回(効果時間21秒÷3秒周期に発生)行われる訳ですね。

4人コンテンツでの立ち回り

4人コンテンツは主に『ID(インスタントダンジョン)』と言われるコンテンツを指します。

ロールそれぞれの立ち回りを説明します。読みたいロールの所にジャンプ出来ます。

タンク編を読みたい方はココをクリック

DPS編を読みたい方はココをクリック

ヒーラー編を読みたい方はココをクリック

4人コンテンツでの立ち回り【タンク編】

タンクは、先頭を走り一番に接敵し、敵視を集めパーティーメンバーが敵に攻撃されないように立ち回ります。

ボス戦だけでなく雑魚戦でも、しっかり防御バフを使って行く事でヒーラーの負担が減ります。

そうする事で、パーティーメンバーが攻撃や回復に専念する事が出来ます。それに加え、立ち位置に気を使うと更にパーティーメンバーが動きやすくなります。

またパーティーメンバーの先導役でもありますので、初見や不慣れな場合は拡大MAPを開いておき、拡大MAPを見ながら進行すると迷いにくいのでオススメです。

基本IDは予習していなくても個人的には大丈夫だと思いますが、心配な方は予習してから行くと進行がスムーズです。

パーティーメンバーが動きやすくなる立ち位置とは?

良い例と悪い例を、画像を使いながら説明します。

○良い例

タンクの誘導の良い例

クリックで拡大!

良い例の解説
味方が、敵の後ろを取れるようにタンクが敵の奥に動いて位置取りをします。

何故このような位置取りをするかと言うと、敵はタンクの方に向いて居るので、パーティーメンバー側に前方範囲攻撃が来なくなります。そのため、パーティーメンバーが攻撃やヒールに集中しやすくなります。

スタート地点からゴール地点に向かって進んで行くので、敵の増援は来るとしてもゴール側から来る事になります。

増援が来たとしても、タンクがゴール側に位置取りして居るため、すぐに増援の敵視を取る事が出来るので、パーティーメンバーが攻撃されるリスクも回避出来ます。

こうした事をすると、戦闘が早く安全に終わり、早く終る分だけパーティー全体の負担が減りスムーズに進められます。

 

×悪い例

タンクの誘導の悪い例

クリックで拡大!

タンクの誘導が悪く味方に被害

クリックで拡大!

悪い例の解説
これはタンクが接敵した位置で戦闘を始めてしまう例ですが、この立ち位置だとパーティーメンバー3人が敵の後ろに回り込む必要が出てきます。

敵は前方範囲攻撃などをして来ますので、画像のような立ち位置だと敵の範囲攻撃にパーティーメンバーを巻き込んでしまう可能性もあります。

それに加え、DPSのキャスター(魔法職)やヒーラーは攻撃や回復をするのに詠唱(動くとアクションが中断される)を必要とするので、敵の後ろに回り込んでいる時間何も出来ません。

近接DPSは攻撃スキルに方向指定がついているので、背面や側面を取る必要があり、方向指定が取れなかった場合与えるダメージが下がります。

結果として、敵を倒す時間が長くなってしまったりパーティーメンバーに攻撃が向いてしまったりしてしまいます。

なのでパーティー全体で気持ちよくプレイするためには、立ち位置が重要になってきます。

4人IDの立ち回り【DPS編】

DPSは、タンクの後ろを走りタンクが敵のヘイトを取ったら攻撃していきます。

 

ターゲットを合わせる

タンクがターゲットしている敵を狙うようにすると、若干ですが殲滅速度が上がりタンクとヒーラーの負担が減ります。

一緒になったタンクが慣れてない人だった場合、違う敵を攻撃してしまうとターゲットが飛んできたり、それに気づかないでターゲットを取り返してくれなかったりしますので、タンクと同じ敵を攻撃しましょう。

/assist <2>  このマクロを登録しホットバーに入れて使うと、パーティーリストから2番目の人がターゲットしている敵をターゲットしてくれます。

 

単体攻撃と範囲攻撃を使い分ける

敵が3~4体居る場合、単体攻撃より範囲攻撃のが効率が良いです。

敵が3体居る場合、忍者の単体コンボと範囲攻撃で例えると?
  • 単体コンボ  双刃旋(威力150)+風断ち(威力200)+旋風刃(威力340)=合計威力690
  • 範囲攻撃     血花五月雨(威力120x3体)+血花五月雨(威力120x3体)+血花五月雨(威力120x3体)=合計威力1080

敵が多いほど範囲攻撃を使ったほうが、1回辺りの敵に与えるダメージ量が高くなります。

 

4人IDの立ち回り【ヒーラー編】

ヒーラーは、タンクの後ろを走り、戦闘が始まったら敵を攻撃しつつ、減っているタンクのHPを回復するように立ち回ります。

タンクのHPを見て「少し減ったらHPMAXまでヒールしなくちゃ!」と思って、ずっとヒールしなくても、タンクのHPが6~7割まで減ったら回復を入れてあげるくらいで大丈夫です。

タンクを落とさない事が第一ですが、敵を倒す速度が早くなればなるほどタンクが受けるダメージも減っていくので、ヒールする頻度も減り、ヒーラー自身の負担も減ります。慣れてきたら攻撃も合間に挟んでみましょう。

注意
戦闘の終わり際にHoT効果のあるヒールを入れてしまうと、次の戦闘の始めにHoTが残っている場合があり、タンクがヘイトを取る前にヒーラーに向かってきてしまい、結果先釣りのような形になってしまう事がありますので、HoTを入れる際は戦闘の始めと中盤くらいにして、終わり際には入れないようにしましょう。

 

先釣りをしない

これはDPSにも言える事ですが先釣りとは、タンクよりも先に敵に攻撃する事です。

タンクよりも先に攻撃してしまうとタンクがヘイトを取りづらくなり、自身やパーティーメンバーが狙われてしまいますので、タンクがしっかりヘイトを取ったのを見てから、攻撃やヒールをするようにしましょう。

 

敵に狙われてしまったら

これはDPSにも言える事ですが自分が狙われてしまったら、逃げ回らずにタンクの近くに行ってあげると、タンクもヘイトを取りやすく、早くターゲットを取ってくれます。

8人コンテンツでの立ち回り

8人コンテンツは、主に蛮神討滅戦やレイドと言われるコンテンツを指します。

ロールそれぞれの立ち回りを説明します。読みたいロールの所にジャンプ出来ます。

タンク編を読みたい方はココをクリック

DPS編を読みたい方はココをクリック

ヒーラー編を読みたい方はココをクリック

 

8人コンテンツでの立ち回り【タンク編】

8人で攻略するコンテンツでは、タンク2人DPS4人ヒーラー2人の構成になるため、MT(メインタンク)とST(サブタンク)と分かれます。

ボスを持っている時はフラフラ動かさないようにしよう!

これは4人コンテンツの悪い例にも書きましたが、ボスの向きがくるくる動いてしまったり、ボス自体が動いてしまったりすると、パーティーメンバーが殴りづらくなったり、パーティーメンバーの方に範囲攻撃が行ってしまう事もあり、巻き込んでしまう可能性が高くなりますので気をつけましょう。

防御バフアビリティを使おう!

敵の強攻撃を受ける時は、防御バフを使って受けると自身もヒーラーさんもハッピーです。

強攻撃の詠唱バーが見える前に防御バフを使えるのが理想ですが、慣れてない内は強攻撃の詠唱バーが見えたら、防御バフを使う感じでも良いと思います。

防御バフを使っていない状態で強攻撃を受けると戦闘不能になってしまうか、HPが少なくなってしまう可能性が高く、強攻撃の後のオートアタックで戦闘不能になってしまう可能性もあります。

ヒーラーさんが、ギミック処理中で忙しい場合もありますので、回復出来ない場面もあります。攻撃の手を止めていつもより多めに回復しないといけない状況になったり、本来別の場面で使うはずだった回復アビリティを使わなければいけなくなったりと、ヒーラーさんに大きな負担が掛かってしまいますので防御バフは使うようにしましょう。

 

4人コンテンツよりも、やる事が増える。

4人コンテンツでは無かったタンクの仕事が、8人コンテンツだと少し増えるので紹介していきます。

  • スイッチ(ボスを持ってるMTと、持ってないSTが交代してボスを持つ事。逆もある。)
  • 途中で敵が湧いた場合など、ボスのターゲットを持ってない方のタンクが、雑魚のヘイトを集め、雑魚のターゲットを持ったりします。

スイッチがわかりにくいと思うので、4コマ漫画にしてみます。(クリックでスライドショーになります)

 

スイッチに必要な挑発とシャークの補足。

挑発とは... 

タンクのみが使える専用アビリティ。挑発した対象の自分へのヘイト(敵視)を一番上にします。

少しわかりにくいので数値化しますと、MTがボスをヘイト100で持っていたとして、STが挑発を使うと101になり、ボスがSTの方をターゲットしてきます。

シャークとは... 

タンクのみが使える専用アビリティ。自分が持っているヘイトの25%をパーティーメンバー1人に移せます。

8人コンテンツでの立ち回り【DPS編】

DPSは基本攻撃するだけですが、いくつか注意する点があります。

ヘイト管理をしよう

「ヘイト管理はタンクの仕事でしょ?」と思った人も居ると思いますが、8人コンテンツでは基本全部のアビリティのリキャストが上がっている状態で戦闘が始まります。

自己バフや全体バフ、敵の防御が下がるデバフや攻撃アビリティなどが戦闘開始して30秒の間、全ての攻撃が詰め込まれるので戦闘開始~30秒の間は物凄いダメージを叩き出す事になり、ヘイトが爆発的に上がってしまうのでヘイトを抑えるスキルをしっかり使っていきましょう。

敵が新たに湧いた場合や、コンテンツのギミックでヘイトリセットがある場合なども、タンクのヘイトが薄い状態になりますのでヘイトを抑えるスキルを使っていきましょう。

 

ヘイトが高い=火力が出てる訳じゃない

パーティーリストのヘイトバーを見て順位が高いから火力が出てると思う人も居るかも知れませんが、上手なDPSやヒーラーはタンクの負担を減らすためにヘイトを抑えるアビリティをしっかり使いながら戦闘しているため、ヘイトバーの順位は当てになりませんので注意しましょう。

 

ヒール漏れに注意する

ヒーラーが範囲ヒールする際に漏れないように立ち位置に気をつけましょう。

範囲ヒールから漏れてしまった場合、ヒーラーが個別にヒールしなければならなかったり、全体攻撃が何回も来るようだと最悪戦闘不能になってしまいます。

特に遠隔DPSは漏れやすいので、遠くに居すぎないように注意しましょう。

 

8人コンテンツでの立ち回り【ヒーラー編】

8人コンテンツではヒーラーが2人になりますので、自分だけで全部ヒールしようと思わなくて大丈夫です。自分だけでやろうとするとMPが切れてしまったり、2人でヒールしてる分オーバーヒールになってしまいますので、様子を見ながら回復をするようにしましょう。

 

タンクを落とさない事を第一に考える

4人コンテンツに比べ、8人コンテンツは敵が大攻撃や全体攻撃を頻繁に使用してきます。

なので、「DPSをヒールしていたら、タンクを落としてしまった・・・」「攻撃に夢中になっていたらタンクを落としてしまった・・・」なんて場面が出てくると思います。

勿論例外はあるのですが、タンクが落ちるとDPSやヒーラーにタゲが向いて、攻撃されて戦闘不能になってしまう可能性があり、立て直しが難しくなります。なので、慣れるまではタンクを落とさない事を第一に考え、コツを掴んでから合間に攻撃を挟んだりしましょう。

 

蘇生の優先順位を考える

タンクを落とさない事を第一に考えるで、記述した事も踏まえて説明します。

コンテンツのギミック次第ではありますが、基本の優先順位はタンクヒーラーDPSの順で、タンクとヒーラーを優先に蘇生しましょう。

もちろん回復がきつい場合は、ヒーラーから起こしましょう

別ケースですと、「DPSが戦闘不能になってしまった!すぐ蘇生しないと!」と思う前に、一度タンクのHPを見ておかなければなりません。

DPSを蘇生する事に集中してしまい、タンクを落としてしまうというのは、最初の頃よくあると思います。

なので、誰かが戦闘不能になってしまっても焦らずタンクのケアを行ってから蘇生するようにしましょう。

豆知識
赤魔道士が居る場合は、赤魔道士の特性上、詠唱なしで蘇生出来るため複数の戦闘不能者がいる場合は優先的に蘇生してあげましょう。赤魔道士ほど蘇生しやすくはないですが、召喚士も蘇生は使えますので頭に入れておくと良いでしょう。

 

慣れるまではHoTを維持しよう

8人コンテンツでは基本攻撃が痛く、必要な時にHoTがかかってないとヒールがきつくなってしまいます。

コンテンツや場面によってHoTが必要になってきますが「必要な所がわからないよ」と思う方は、ヒーラーに慣れて来てわかるようになるまでは、HoTを切らさないように維持しておきましょう。

HoTの回復量は高く、白魔道士のリジェネで例えると150回復力x7回なので、総回復力は1050となります。

白魔道士の単体大回復魔法のケアルラが回復量が700ですので、それよりも多く回復します。

HoTを維持しておけば、常時回復するのでガツーンとHPが減った時に回復で戻しやすくなりますしHoTが入ってる分、回復に余裕が出来ます。

エンドコンテンツ攻略を視野に入れてる方へ

エンドコンテンツを攻略する事も考えている。又はエンドコンテンツに挑戦したい!という方向けに、最低限必要な事と、主に真剣にエンドコンテンツをプレイしている層から、求められる事などを書いていきます。

注意
仲良しの友達同士で、予習しないで行こう!気楽にやろう!ちょっと遊びに行ってみよう!等で、エンドコンテンツに挑む場合は、この限りではなく参考にならないかもしれません。

自分が使うロールの仕事は出来るようにしておく

タンクを例に出すとスイッチやヘイト周りの事などの知識は絶対身につけておいてください。4人8人コンテンツでやってきた事をベースに色々なギミックが来るので自分のロールの役割・仕事は絶対出来るようにしておきましょう。

 

どのロールも火力を求められる

FF14は、8人全員火力を出してボスを削っていくゲームなので、タンクだろうがヒーラーだろうが、ロールの仕事+火力を出す事を求められます。どのロールのジョブにも火力を出すためのテンプレスキル回しがあるので、しっかり調べてスキル回しを練習しておきましょう。

 

予習は推奨

タンクやヒーラーの防御バフ回しやヒールワークを組み立てる時に予習おくと、かなり捗ります。

エンドコンテンツを予習する時に、コンテンツの流れとタイムラインを知っておけば「痛い攻撃は何時来るのか?」「どのくらい痛いのか?」がわかり、敵は何時どのような攻撃を使ってくるから、ここはこの防御バフを使おう。こういうヒールワークにしよう。ここで軽減を入れよう。など事前に対策が出来ます。

練習前に予習をしつつ、どのような攻撃が来るのか調べておき、どのようなバフを使うのか考えて置きつつ練習しながら試行錯誤して調整して行くのがいいかもしれません。

どんなギミックが来るのかわかっていれば事前に対策が出来ますし、ギミックがわからず全滅に繋がったりするので、予習はしておいたほうが良いです。

シナジーを意識する

シナジーをバラバラに使うよりも、合わせて使ったほうがパーティー全体(個人も)のDPSが高くなるので、合わせるように意識しましょう。

開幕からリキャスト毎にシナジーを使っていくと・・・↓

シナジー合わせ

このような形で綺麗にシナジーが合いますので、シナジースキルが入るタイミングと、自分のバーストタイミングを意識してみましょう。

リキャが上がってる、または上がりそうだけどもうすぐ敵が殴れなくなる場合などはシナジーを温存し、全体でずらして使ったりもします。

 

最後に

記事を読んで興味を持ったロールやジョブはありましたでしょうか?

色々書きましたが、プレイしていくうちに慣れますので、好きな見た目でロールやジョブを選んでみてもいいと思います!

以上、初心者~中級者向けロールの基本・基礎知識の記事でした。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です